今週の釣果

6月1日悪条件の中、竿頭17匹(18cmまじり) (清流岸田川ほとんどが12cm~18cmの2ケタとなる)   6月1日夜明けのアユ漁解禁を鶴首し、待ち続けていただいた太公望の皆さんには運命のいたずらといえる前夜(5月31日)の集中豪雨は、岸田川に水温低下と濁流をもたらし、予期せぬ不運の幕開けとなりました。 そうした悪条件の中、それでもとばかりたくさんの毛針釣り、友釣り名人が狙いの場所へと入川されました。銀鱗輝く初夏の「風物詩」若アユの大漁釣果を期待していただきましたが、自然の「掟」は厳しく、虚しい時間が経過するばかりとなりました。 毛針釣りの多くの方々は一年ぶりの当たりの感触に酔いしれることなく、早々の納竿をされました。 近年にない最悪のスタートに関係者一同、ただ天を仰ぐばかり・・・岸田川の一年に大きな不安が募ります。 それでも、根気よく濁りの治まりを待ち続けた名人の竿に当たりが出たのは正午を迎える頃でした。ラインが張り、腰から抜かれた受タモに待望の親、子が収まると岸辺からも拍手と喚声が上がります。これを期に連続のヒットが見られ納竿された方々は18cmサイズを筆頭に17匹を釣り上げられた名人が竿頭でした。 入川いただいた方のほとんどが2ケタの釣果で1日が終宴となり関係者も〝ホッ〟といたしました。(これからに期待) 多くの皆さんが随所で群がる若アユを目視されると共に友親の近くで元気よく飛び跳ねる清流岸田川に「アユはいる」水温の上昇と一雨毎に成長する縄張りアユに今後の夢と期待をしていただくことができました。 6月1日夜中から2日にかけて再び雷雨に見舞われましたが、3日には晴天となり、来週からの岸田川に活気があふれることを期待しております。 ※渓流漁(イワナ、ヤマメ)も絶好調が続いております。ご来川をお待ちいたします。

アユ漁解禁迫る

"若鮎踊る 清流岸田川" 6月1日、永い冬眠から目覚めた清流岸田川のアユ漁が解禁となります。本年もぜひ"清流岸田川"をご愛顧いただきますようよろしくお願いいたします。  清流岸田川は、5月8・13日に海産種苗を計700kg(1匹8~9g平均)放流いたしました。本年の天然遡上状況は、1~2月にかけて思わぬドカ雪に見舞われ、谷沿の残雪から流入する冷水は水温の上昇を抑え、例年より10日遅れての遡上目視となりました。  現在、放流稚アユと共に随所で群れアユの遊泳が見られます。一雨の増水が見られると一気に群れアユがバラけ、縄張りを持つ個性豊かな成長をしてくれるものと思います。 ここ1ヶ月余り、増水も見られず渇水状況が続いており、関係者は日々天を仰いでいます。(一雨待ち) 本年も遠来からお越しいただくたくさんの皆様方に河床、環境の美しい清流岸田川を保全し、気持ち良くお迎えするため、去る5月25日、県立浜坂高等学校グローカルキャリア類型の皆さんのご協力をいただき、専用区間の大清掃を実施いたしました。河床に繁るオオカナダモ、マツモ等の除草に加え、空き缶、ナイロン袋、発砲等の撤収を行いました。きっと稚アユたちはこの美しい河川環境の中で順調に成育をし、皆様方のご期待に応えてくれることを期待しております。  一方、渓流魚(イワナ、ヤマメ)の釣果も絶好調です。連日、尺近い良型混じりで多い人では、2ケタの釣果が見られます。 水温の上昇と共に食餌も活発です。体高も整いイワナ、ヤマメ釣りの醍醐味はいよいよ本番となりました。  5月27日、千谷から上流へ入川した「S氏」は尺超え混じりで10匹の釣果でした。(いずれもヤマメ)本流での釣果は広範囲で大物がヒットしています。  河川の情況でアユ釣り、渓流釣りの時間を持って清流岸田川で釣行を満喫していただきたいと思います。 釣行は安全第一でお願いいたします。
3月1日 釣り天狗待望の渓流魚が解禁となりました。 下流部ではサクラマスを狙って前日から場所取りをしたという釣り人もあり、夜明けからサクラマスを狙ってそれぞれの好ポイントでルアーを振る人々! 冷え込みがきつく手がすぐにかじかみ、ラインに薄氷が張ったとする釣り人の声、息を吹きかけながら無心に竿を振る。 8時40分時点の情報では、2人がバラしたが、3人が取り込み成功の情報! 釣り仲間にLINEで釣果情報が飛び交う。 地元の名手2人もヒットさせたが取り込みに失敗し、悔しさいっぱいで次のポイントへ急ぎ足・・・1人は手がかじかみリールの操作もままならず、手に熱気を与えようと何回も息を吹きかけながら遠投を繰り返し、足元に寄ったラインを張ろうと懸命にリールを巻こうとした矢先、ギラッ!と光る魚影に必死にリールに力をこめるが、かじかんだ手は空回り、折角の初物は2回の反転をして流芯へ姿をへしたと、冷え込みの厳しさを恨む! 夕方までに寄せられたサクラマスの釣果は50cm台を3人がゲット、5人がバラしの釣果でした。   一方、ヤマメ釣りの入川者は午前11時30分時点で17人の姿を見る。 いつも好調な滑り出しとなる岸田橋周辺では追い込みは見られるが、針にのらないと苦戦される。 「村はずれ」から上流部の入川者は好調な釣果との情報をいただきました。 久斗川でも、2時間で8匹のベテラン組合員はやや小型まじりといいながらも笑みの報告をいただきました。 最高の取り込みは20~24cmを22匹。平均12匹の釣果情報となりました。 水温が上がり、水量が安定すれば釣果は伸びると思われます。 サクラマス、ヤマメ共に今年の岸田川は魚影が濃いとする釣り人の声もいただきました。 今後の釣果が期待されます。残雪は深く釣行には細心の注意をもってお楽しみ下さい。
"ミリ単位の追い込み25.0㎝で優勝決まる"   7月1日にスタートした岸田川アユ大物釣り大賞2016が本年も沢山の遊漁者を対象として開催されました。 本年は例年になく、アユの成長が良く毎日検寸に持ち込まれるアユの殆どが22㎝を超す大物で本年の最終結果に大きな夢が持たれました。 残り2日となった7月30日には24.8㎝、24.9㎝が審査され、参加者の多くの方々が本年はこれが優勝だろうと思っておりましたが、翌日の最終日、午後4時45分に持ち込み検寸を行ったのは超大物25.0㎝。見事な大逆転優勝となりました。 過去5回の大会では22㎝~23㎝台で優勝者が誕生いたしましたが、本年は第8位の方でも23㎝という粒揃いの大会となりました。 この1カ月間、沢山の方々に清流岸田川で遊漁をお楽しみ、ご協力、ご参加を賜りました皆様方に厚くお礼申し上げます。 入賞されました8名の方々には心からお祝い申し上げます。 大会は終演いたしましたが、清流岸田川の夏本番はこれからです。是非引き続きのご来川を賜り「味」「香」「姿」の三拍子揃った大物アユに挑戦していただきますよう、宜しくお願いいたします。 入賞者の方々には当組合の大会規定に基づき平成29年度の入川券を贈呈させていただきます。 入賞者は次の通りです。   優 勝       25.0㎝             石谷 光司郎 様         (朝来市) 第2位       24.9㎝             溝部 薫 様              (伊丹市) 第3位       24.8㎝             阿曽 義則 様           (佐用郡) 第4位       24.4㎝             丸居 貴久男 様       (箕面市) 第5位       24.2㎝             井出 匡 様              (神崎郡) 第6位       24.1㎝             山田 耕治郎 様       (京都市) 第7位       23.5㎝             奥藤 修 様              (朝来市) 第8位       23.0㎝             森下 俊一 様           (鳥取市)   因みに昨年は22.1㎝が優勝サイズでした。    
いよいよ真夏、焼き付く様なギラギラと照りつける太陽の下、清流岸田川では今年も遊漁者の方々を対象に(7月1日~7月31日まで)岸田川アユ大物釣り大賞を開催しております。 本年のアユは成長が良く、過去の大会では見られなかった大物が日替わりに検寸会場に届けられます。 因みに、7月24日(日)現在の上位ランクの大物は   第1位 24.2㎝ 神河町  井出  匡  様 第2位 24.1㎝ 京都市  山田 耕治郎 様 第3位 24.0㎝ 佐用町  阿曽  義則  様   以下、第8位の方が22.8㎝となっております。 釣果も平均的に2ケタ(15~20匹)の好結果が見られ型も粒揃いです。   先日は和田山からお越しの方が「あれを取り込んでおけば」と悔しがられた一匹は強烈な当りを素早く対応したつもりが一気に下流に下がられ、親子共々のライン切れとなったと言われてしまいました。 昔から逃した魚は大きいと言われますが、今期大会中には多くの皆様からこんな声が聞かされました。 仕掛け作りを点検の上、残り一週間、更なる大物釣果を目指してあなたも是非、清流岸田川アユ大物釣り大賞へ挑戦を心からお待ちいたします。 上位3人の釣果場所はいずれも戸田橋の上、下流域となっております。
いよいよ真夏、焼き付く様なギラギラと照りつける太陽の下、清流岸田川では今年も遊漁者の方々を対象に(7月1日~7月31日まで)岸田川アユ大物釣り大賞を開催しております。 本年のアユは成長が良く、過去の大会では見られなかった大物が日替わりに検寸会場に届けられます。 因みに、7月24日(日)現在の上位ランクの大物は   第1位 24.2㎝ 神河町  井出  匡  様 第2位 24.1㎝ 京都市  山田 耕治郎 様 第3位 24.0㎝ 佐用町  阿曽  義則  様   以下、第8位の方が22.8㎝となっております。 釣果も平均的に2ケタ(15~20匹)の好結果が見られ型も粒揃いです。   先日は和田山からお越しの方が「あれを取り込んでおけば」と悔しがられた一匹は強烈な当りを素早く対応したつもりが一気に下流に下がられ、親子共々のライン切れとなったと言われてしまいました。 昔から逃した魚は大きいと言われますが、今期大会中には多くの皆様からこんな声が聞かされました。 仕掛け作りを点検の上、残り一週間、更なる大物釣果を目指してあなたも是非、清流岸田川アユ大物釣り大賞へ挑戦を心からお待ちいたします。 上位3人の釣果場所はいずれも戸田橋の上、下流域となっております。
 連日の猛暑が続きます。 岸田川をご愛顧、ご来川いただきます皆様方に謹んで暑中お見舞い申し上げます。   本年もたくさんの友釣り愛好者の方々に挑戦をいただき、「岸田川遊漁者大物友釣り大会」は7月31日をもって無事終了をいたしました。 本年は不安定な気象条件に続き、水温・水位・遡上の遅れに加え、7月の連日猛暑は、釣り天狗の方々にとっても更なる高度な技術と諸条件の合致が求められたと思います。 悪条件の中見事な釣技を発揮され、次の方々が入賞されました。    厳正な採寸を行い、本年は同寸者(22.1cm)が2名となりました。 協議の結果、お二人を優勝者とし『平成28年度の岸田川遊漁者 年券』を贈呈させていただくことに致しました。  第2位には22.0cm、第3位には21.9cmとmm単位の差で上位入賞者が決定となりました。 入賞された皆さんは下記のとおりです。                                             記         優勝    山田 耕治郎 氏   22.1cm(同寸)       優勝    橘  俊暁 氏    22.1cm(同寸)      第2位   森田 智史 氏    22.0cm       第3位   石谷 光司郎 氏   21.9cm       第4位   丸居 喜久男 氏   21.7cm       第5位   原田 勝次 氏    21.6cm       第6位   藤原 春喜 氏    21.1cm       第7位   中島 隆敏 氏    20.8cm       第8位   谷口 利一 氏    20.0cm          心よりお祝い申し上げます。  惜しくもmm単位で入賞を逃された、挑戦・ご参加をいただいた皆様方には次年度もご参加賜り、より上位入賞に挑戦をしていただきますよう宜しくお願いいたします。  岸田川をご愛顧いただき、本大会を盛り上げていただいた沢山の皆様方に、改めて心から厚く感謝申し上げます。   大会は終宴いたしましたが、清流岸田川のアユ釣りはこれからです。 たくましく成長した味・香り・体形の揃ったアユにきっとご満足いただけると思います。  引続いてのご来川をお待ちいたしております。    盛夏の折り、ご健勝で岸田川の1日をお楽しみいただければと思います。 熱中症対策はしっかりとしての入川をお願いいたします。  
 本年もたくさんの方々に岸田川をご愛顧いただきありがとうございます。 7月1日スタートした「平成27年度 岸田川遊漁者友釣り大会」もいよいよ残すところ5日となりました。 現在のトップサイズは、22.1cm(同寸2人)が並び、22.0cm、21.8cm、21.6cmと20cm越えがmm単位で日々更新されます。盛夏を迎えグッとたくましくなった岸田川の清流アユは、味・香りともに美味として多くの皆様方からご好評をいただいております。今年の優勝は誰の手に!!きっと最後の追い込みで23cmクラスが検寸されそうです。あと5日間です。燦々と輝く太陽のもと、「清流 岸田川」で友釣りの醍醐味を満喫していただければと思います。   ちなみに、過日は60匹の爆釣りをされた情報が届きました。ポイントは戸田橋上、下流を足で稼がれたとか。1ポイントでは釣果が伸びにくく、足まめに移動することが好結果につながるようです。     ~不器用な男の雑談~     先日(7月21日)猛暑の時間帯をさけて、岸田川を代表する不器用の会・会長を自負する小生が、今年2回目となる友釣りに挑戦しました。  14時50分、七釜橋上流のチャラ瀬に立ち込む。  この瀬は地元のY氏が小まめに探りを入れる日々であるが、それなりの釣果をあげるY氏のおこぼれ狙いである。  仕掛けはD社の008メタルラインにO社のダブル蝶針をセットする。友舟から親をタモに受けると、呑気にも昼寝から目覚めたようにヨタヨタである。ようやく鼻カンを通して送り出すが、ヨタヨタとしたらすぐに横たわる。何とか流芯に行ってくれることを願って糸を煽ってみるが、ビクとも動いてくれない・・・思い余って足で追い出すと、仕方なしに浅瀬の肩を伝って上流に向かって行く。気温はグングン上がり、西陽が容赦なく顔面を照りつける。 玉の汗が吹き出し、サングラスを曇らせる。首に巻いたタオルで汗を拭き取ろうと竿の向きを変えたとたんに、穂先を伝ってグルグルとしたバイブレーションが起きた。思わず竿を立てると、銀鱗を輝かせて一気に流芯をめがけて糸が張った。久しぶりの感触である。バレないことを祈りながら下流に誘導し、タモに収まったのは背掛りの20cmサイズである。不器用な小生は親交換にも時間がかかる。(要因は、多くの人は左手に親を持ち、鼻の下側から鼻カンを通すらしいが、小生は上側から鼻カンを通す)ようやく親交換を完了し足元にそっと離すと、勢い良く流芯に向かったと思った瞬間、ギラッ!!っと反転する姿が見られた。二匹の力強い引きに我を忘れて下流に下り、見事にタモに取り込むと、一回り大きい21cmを超える立派なものである。不器用にして釣技術の低い小生が、この日ばかりは急に釣り技術が向上したかと錯覚を起こす連発となった。 17時 竿納、友舟には16匹。『川の時合い』か、はたまた『神のいたずら』か?正に、岸田川きっての不器用男が釣り名人と化した、至福の2時間を過ごすことができました。  更なる猛暑とともに、岸田川のアユも更に成長をいたします。熱中症対策もしっかりとしての釣行を、心からお祈りいたします。
 6月21日、僅かながら待望の増水がみられました。23日には7名の方々が入川され、竿頭が17匹、大きいもので20cm(平均16~17cm)でした。    6月17日以後入川いただいた方々の竿頭は23匹、和田山から来川いただいたI氏は、21cmを超す大物をゲットされました。 また、6月25日 京都のY氏は、用土から高規格大庭橋下流で16匹、形は18cmサイズが揃ったとのことでした。日を追ってサイズアップとなり、時にはダイレクトな強烈な当たりが味わえるようです。群れアユがなかなか縄張りを持たない苛立ちを感じていますが、6月25日 用土橋から視くと、しっかりと"コケ"を噛む縄張りアユを数ケ所で見ることができました。    天候の落ち着きと共に、一気に成長した逞しいアユの釣果を期待し、6月25日     250kgの追加放流をいたしました。(大きいもので40g・平均9.2g)放流ケ所は、鐘尾 中川原橋・千原 楠谷橋上流・出合橋上流・井土裏・用土・古市(トンネル前上流)・七釜・高規格大庭橋下流へ分散放流しています。一週間もすればそれなりの効果(群れアユの縄張り分散)があることを期待しております。    それにしても今年の天候不順は、地球環境の異変(大げさ?)を感じずにはいられません。放流アユ、天然遡上アユ共に、安定した天候の中で逞しく成長してくれることを願っております。是非、清流岸田川での遊漁をお楽しみいただければと思います。    なお、本年から大庭風船井関から下流を釣り専用区といたしました。網漁は例年通り7月11日正午から解禁となります。宜しくお願いいたします。
 平成27年5月9日~10日の2日間に渡り、稚アユ(海産・人口産)1,000kgを下流(久斗川、本流の合流点)から上流(鐘尾 宮田橋)までの分散放流を行いました。 また、天然遡上アユも2週間近い遅れを感じたものの、それなりの遡上も確認され 6月1日解禁日を迎えました。    例年ですと、稚魚放流を終えると必ず、せっかくの放流稚魚が流されてしまうような集中豪雨に見舞われますが、本年は今日まで(6月17日)雨らしい雨が全くなく、放流稚魚・遡上稚魚共に、群れ離れが大きく遅れ、随所に群れ遊びする光景が続いています。多くの岸田川愛好者の方々から毎日の問い合わせを受ける度に、申し訳ない現況の回答をさせて頂いております。先日、京都のお客様から『ネットを覗いてみても、昨年から情報が途絶えている。どんな情報でも更新してほしい』との暖かいご意見を頂きました。お許しをいただいて、今日までの情報をお届けいたします。(更新の苦しさを感じつつ・・・)   ちなみに、本日までの地元組合員の釣果(竿頭のみ)は、  ・6月12日   20匹(サイズ:12cm ~18cm) ・6月13日   15匹 ・6月14・15・16日  いずれも15~17匹以上が竿頭となり、サイズも10cm ~18cmとなっております。水位は極端な渇水状況のため、釣り場ポイントもムラがみられます。    救いとしては入川者(地元組合会員含む)の方々から、群れアユは随所で見られ、親アユを入れると3尺先から飛び跳ねるサイズもあり、時には驚くようなダイレクトな当たりが出るとのことです。「一雨の増水があれば、それなりの成長と縄張りアユの期待ができるかも・・・」との声をいただきます。  歌の一節のとおり、『雨々 降れ降れ』を神頼みにしている岸田川の現況です。本年も変わりませぬ岸田川での遊漁をよろしくお願い申し上げ近況報告といたします。